テーブルないし床の上のハンザ商人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイのゲームじゃなくてハワイというゲーム

(写真やもう少し詳しい説明はあとで載せる予定)

今回はハワイ。

ハワイといったら南の国、南の国と言ったらハワイ。
夢の楽園ハワイ、一度は行ってみたいハワイ。
ある調査によれば、日本人の99パーセントがハワイ願望を持っているとのデータが (ありません)

そんな楽園ハワイに、自分好みの村を建てるゲームといったらもう気分は穏やかじゃないでしょう。
でも、このゲーム、見た目とテーマに反して決して穏やかではありません。

楽園ハワイとは本当に楽園なのか?
それは勝者だけが知ることができます。



ハワイ

【2~5人 60~90分くらい】

ゲームは、5ラウンドで構成されます。
ラウンドごとに貝(お金)と足(移動力)が配られ、全ラウンド終了後に得点計算をします。
配られる貝と足は毎回減っていきます。
一方で、ラウンドごとに目標とする点数(買い物などで獲得)を満たすと勝利点をもらえるのですが、そちらは毎回あがっていきます。

各ターンにプレイヤーができるのは、

●島の中を歩いてタイルを購入し村をつくる。
 タイルは様々あり、毎ラウンド購入できる枚数や値段が変わります。

●ビーチで釣りをする。

●ビーチから島へ渡る。
 島では勝利点と特典(タイルなど)がもらえます。

●ビーチで何もしないをする
 
●このラウンドの行動を終了しビーチで次のラウンドを待つ
 早く帰ったプレイヤーから好きな手番をとることができます。

これらアクションを行いながら、生産減や勝利点を確保し、最終的に自分の村々を繁栄に導きます。




評価★★★★★★★★★☆ 9点

楽園ハワイとは一体何だったのか?
欲しかった設備は容赦なく奪われ、気づけば貧乏に飢る。
あと1歩というところで体力が尽きてもその場で休むことすら許されない(島の同じマスに踏みとどまるには、足が1つ必要)。
がんばって作った村が、信仰が足りず結局未完成に終わった(村は必ずしも勝利点を生みだせるとは限りません)。

冒頭からこんな調子ですが、別にそこまでストレスフルなゲームではありません。
むしろ、かなりおもしろい!

確かに、お金にも販売数にも限りがあるため、まったく狙った通りの買い物はできないかもしれませんが、なんだかんだで指針をたててそれにそってプレイすることはできます。(ティキ+カフナ戦略、ボート戦略、長い村戦略、果物戦略…)

なんといってもやはり自分の村ができていくのは楽しいです。
色とりどりのタイルが自分の手元に集まっていく。
資金は少ないですが、「今日はフラダンサーが安いぜ」とか「果物高すぎwww」とか言いながらプレイしていれば、ゲームは楽しくあっという間に終わります。


個人的には、各々が狙った戦略をとりやすいだろう、3人、4人プレイくらいがちょうどいいかなと思います。

5人プレイだとやや窮屈なゲームになります。

2人プレイだと、結構タイルは余ります。
準備が割と面倒くさい(タイル120枚ほどを並べる)のですごく勿体ない気分になります。
とはいえ、2人プレイでもそれなりに面白いです。


hawaii mura5人プレイ時の村(切れている右側に、灌漑施設と果物の神がいた) 
村の指針が立たなかったことと、うまい買い物ができなかったことで、かなりしょっぱい村になっている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

まとめ【ハワイのゲームじゃな】

(写真やもう少し詳しい説明はあとで載せる予定)今回はハワイ。ハワイといったら南の国、南の国と言ったら
[2012/11/21 10:10] まっとめBLOG速報

プロフィール

かずみち

Author:かずみち
つくば市に住むボードゲームが好きな大学生です。
他には、映画や食事も好きです。
ここではおもにゲームの感想を書きながら、そろそろ将来を見据えつつモラトリアムに浸る日々をつづる予定です。
ブログの名前は好きなゲームから。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。